Z80-MBC(4ChipZ80)ボードが動作した

4Chip(4ICs)Z80ボードが組みあがりMS-BASICとForthまで動作しました。ICの挿入方向がATMEGA32Aは違うので間違えないようにしないといけませんね。

180114001.png

CP/Mも動作するのですがI2CのシリアルROM拡張が必要になります。

ここまでの状況は、4ICs, Z80 homemade computer on breadboardの通りに行いました。

  • Z80-MBCボード組付け

180114002.png

  • ArduinoUNOを使ってATMEGA32へのブートローダの書込む
    • arduinoのインストール(今回はArduino1.8.5をインストールしました)
    • arduinoへのMightyCoreボードマネージャ追加
    • ArduinoUNOにarduinoISPを書込み
    • ブレッドボードを使用してブートローダ書込み
      • ArduinoUNOとATmega32を下の様に配線しました。

atmega-16.png

  • Z80-MBCボードにIC(4個)を実装
  • githubのZ80-MBCページからClone or download しました。
    • 回路図など全て一括でダウンロードできます。
  • arduino IDEからスケッチを書込みます。
    • S221116_R110517_Z80.ino を書込みます。
    • シリアルのDTRを接続していないので書き込みのタイミングでリセットしました。

180114003.png

  • TeraTermを起動してZ80-MBCボードをリセットして

180114004.png

  • メニューの1でBasicが、2でForthが動作します。
  • メニューの3はHEXファイルのロードができます。

今回は、I2CのROMが無いのでここまでです。I2CのROMを購入して次回はCP/Mの起動まで行きたいと思います。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中